睡眠時間よりも、睡眠の質が重要!

安眠を得るために知っておきたい各種情報。

  1. 睡眠特集!(TOP)
  2. 安眠を得るための各種情報

■”安眠”に繋がる各種要素を認識しておくことが大切

睡眠

近年、”睡眠”の重要性を意識する人が増加している中で、「安らかさを感じる睡眠(安眠)」 「心地よさを感じられる睡眠」が重視されるようになってきています。単に、”睡眠時間を得る” という要素から、”睡眠の質”が価値観を高めいてると言い換えることも出来そうです。

”睡眠の質”を重視するようになると、単純に「早寝早起き」を心がけるだけでは、”安眠”に 繋がらないことも多々あるもの。”安眠に繋がる要素”を理解しておくことが大切な要素となりそうです。 ここでは、”安眠を得るための大切な要素”に関する情報をご紹介していきたいと思います。「安眠に繋がる要素」 を認識しておけば、逆に”安眠を阻害する要素(習慣など)”も自ずと理解できるもの。安眠に繋がる要素の逆行動が ”阻害要素(習慣)”となるわけですから。”安眠とは何か”ということに関しては、「睡眠学・睡眠の仕組み」 の項目をご参照いただければと思います。

□sponsord.link

■”安眠”をもたらすために、心がけておきたい各種要素!

■安眠をもたらす「入浴」要素!

基本的に”安眠”を得る上で、最も影響が大きな要素となるのは、”就寝前数時間の行動” です。その時間帯の行動によって、身体状態・精神状態が様々な形に変化(影響を受ける)する ことが多々あるからです。”体温”という要素に大きな影響を与える要素のひとつが「入浴」。 安眠に繋がる”入浴”に関連した各種情報をご紹介いたします。

>>> 安眠をもたらす「入浴」要素

■寝付けを良くする「身体ストレッチ」

”安眠が得られない””なかなか寝付けない”ことに繋がる身体要素のひとつが 「筋肉が硬直している部分がある」ということです。布団に入っても、”全身に力が入っていたり” ”局所的な筋肉の硬直(こり)”があると、なかなか深い眠りにつけないことに。 ここでは、”安眠”を得るために、コリをほぐしておきたいストレッチポイントなどを ご紹介いたします。

>>> 寝付けを良くする「身体ストレッチ」

■身体を暖める「食事」と「安眠」!

”安眠”を得る上で、「体内をあたためておくこと」はとても重要な要素です。 他の「入浴」「ストレッチ」なども、体内を”あたためる”ことに繋がる要素。 そんな身体をあたためることに寄与する大きな要素のひとつが「食事」です。 ここでは、”食事と安眠”の関係性を示す各種情報をご紹介いたします。

>>> 身体を暖める「食事」と「安眠」

■安眠に繋がる「生活習慣」

”睡眠”は日々の”生活リズム”と密接な関係性を有している要素です。 ゆえに、日々の生活習慣は、大いに”睡眠”に影響を与える要素となるもの。 ここでは、安眠に繋がる「生活習慣」に関する情報をご紹介いたします。

>>> 安眠に繋がる「生活習慣」

■安眠を促す「アロマ(香)」

臭覚から伝わる刺激(香)は、直接脳を刺激する要素となっており、各種刺激の中でも、 最も”脳機能への影響”が大きな要素と位置づけられています。 近年、天然ハーブなど ”アロマ”を日常生活に取り入れている人が男女問わず増加傾向となっています。 ここでは、”安眠”と関係性の高い「アロマ関連」情報をご紹介いたします。

>>> 安眠を促す「アロマ(香)」

■”睡眠環境”に直接大きな影響を与える「寝具」

睡眠環境に直接大きな影響を与える要素となるのが「寝具」です。なかなか安眠が得られないという 人が”寝具”を自分の特性に適したものへと換えたことによって、安眠が得られるようになったと いうことは、多々あるもの。”寝具”に関連した「安眠」要素は、「寝具の情報」 コンテンツに記して有りますので、そちらをご参照いただければと思います。

>>> ”寝具”情報。自分に適した「寝具」とは。

■癒しと安眠に導く「自然の音色」

安眠を得るためには、心地よく入眠することが大切です。”癒し”の気持ちを感じ、 副交感神経が優位に働いている状況を作ることがポイントに。そんな状況を創出するため に”自然の音色”がとても効果的な要素となります。

>>> 癒しと安眠に導く「自然の音色」。

■”体温”に関する誤解。睡眠中は”体温が下がります”!

”安眠”を得るための重要な要素として「体温」があります。この”体温と睡眠”に関して、 いろいろな表現が使われます。「身体を暖めることが安眠に。」「平熱体温を高く維持する」 「睡眠時は体温が下がる」などがありますが、”体温を高く”と言う言葉と”体温を下げる” という言葉が同時に使われることから、いったいどっちなの?と迷ってしまうことがあるようです。 本当は、いずれも”視点が異なる”だけで、現象としては同じことを示しているんですよね。 ですから、誤解しないためにも、要点を記しておきますので、この内容だけは、しっかり 認識しておいていただければと思います。

1)安眠(深い睡眠)を得るためには、身体深部の体温を下げる必要有り。!

まず一番の基本となるのが、”睡眠”は身体・脳を休ませるのが目的です。ですから、日中 活動している状態(覚醒)と比較して、睡眠時は「体温が下がる」ことが必須要素となります。 この場合特に重要なのは「身体の深部(中心部)体温が下がる」ということ。

そのために、睡眠時は身体表面から”熱を放出”するのです。ですから、睡眠時の体表面は ”体温が高く感じる(あたたかい)”のが適切な状態ということ。 誤解が多いのが、睡眠中に”手足が冷たい”ことを”体温が下がっている”と勘違いして しまうこと。これは逆(身体深部の熱を放出出来ていない)ですので、お間違いのないように。

2)”体温が高い”のが良いというのは、平常時の体温(基礎体温)が高いことが 望ましいという意味。!

”安眠”を得る上で、”体温が高いほうが良い”という意味は、平常時の体温(基礎体温、平熱体温) が高いほうが良いという意味です。近年、平熱(基礎体温)が”35度”を下回る人も案外 多くなっているようですが、本来人は、健康的な状態を維持する上で「37度台」の体温が 好ましいと考えられています。

3)睡眠時に必要なのは、「35.5度以上の体温」と「日中(覚醒時)との体温差」!

人は、体温が”35.5度”を下回る状態となっていると、「がん細胞の増殖率」などが増加する と言われています。”35.5度以下の体温環境”では、各種疾病が進行しやすくなるということ。 それを踏まえて、安眠を得るためには、日中(覚醒時)の体温と比較して、睡眠時に体温が下がることが 必要であることを先に記していますが、概ね「1度~1.5度程度」睡眠時の体温は覚醒時よりも、 下がるものと言われています。(そのくらい下がることが、安眠にとって、必須な要素となるということ。)

ゆえに、覚醒時の体温が”37度”であれば、睡眠時の体温が”35.5度”となり理想的な睡眠環境と なるのです。これが、覚醒時”37度”であっても、睡眠時”36.5度”程度であまり 体温が下がらない と”安眠”となりにくいことを意味しているのです。

■国・地域によって異なる”平均体温”!

平均体温

”平均体温”に関して、なんとなく個々でイメージを持っていることかと 思います。日本においては、50年前の統計では”36.8度”が平均体温となっていた ようですが、近年は明らかに、もっと平均体温は低下しているのではないでしょうか。

日本人は欧米人と比較して、低体温傾向にあるといわれています。欧米では、 ”37度程度”が平熱として捉えられています。日本では、”37度”を少し超えると 「微熱」といった扱い(感覚)となるのかもしれません。

ただ、気をつけておきたいのが”平均体温”というのが、かならずしも「好ましい体温」 を意味しているわけではないということ。あくまで、実際の統計的な数値を意味している だけで、体温として好ましい(健康的な体温)のは、やはり”37度程度”と考えられている ことは、わすれないでいていただければと思います。統計の”平均値”に位置していると何事に関しても 安心してしまいがちですが、本質は別に存在しているということなのです。

■寝具(マットレス・敷布団・枕)情報CONTENTS!(関連記事)

□sponsord.link

SUIMIN「睡眠」CONTENTS!

SUIMIN「睡眠」特集!(TOP)

「睡眠」に関連した、各種知恵・知識情報のご紹介。

特集ページはこちら

睡眠学「睡眠の仕組み情報」!

最新の睡眠学研究による「睡眠の特性」情報の紹介。

特集ページはこちら

睡眠と健康に関する各種情報!

「睡眠と健康」に関連した各種知識・商品情報紹介。

特集ページはこちら

安眠を得るための各種情報!

安眠を得るために効果的な各種情報・商品のご紹介。

特集ページはこちら

「寝具」特集!自分に適した寝具

安眠を得るために大切な「寝具」関連情報のご紹介。

特集ページはこちら

睡眠に関するスピリチュアル情報

睡眠に関連したスピリチュアルな思想・情報の紹介。

特集ページはこちら

当サイト利用上の「個人情報保護」

当サイトを利用する上での「個人情報保護」の記載。

記載ページはこちら

当サイトに関する「お問い合わせ」

当サイトに関するご質問・お問い合わせについて。

特集ページはこちら