安眠を得るための「ベッド配置」!

寝室の出入口を意識したベッド配置を考えましょう。

  1. 睡眠特集!(TOP)
  2. 安眠方法
  3. 安眠方法「眠りに適した寝室風水環境」
  4. 心を休めるための「扉とベッドの配置」

■安眠を得るために、心配りをしておきたい”ベッド配置”!。

ベッド配置

寝室の家具配置を計画する上で、一番注意を払っておきたいのが「ベッド位置(寝具配置)」です。 寝室の核となる要素が”ベッド(布団)”となりますので、まずは寝室という機能を 考えたときに、良き風水環境となる「ベッド(布団)位置」を決めることが最初の一歩と なるものです。。

「ベッド配置」に関しては、複数の風水要素(他項目もご参照ください)が存在しています ので、なるべく全ての要素がクリアーできる配置を見出していただければと思います。 ここで取り上げておきたい要素は「寝室の扉とベット位置」の関係についてです。 安眠を阻害する大きな要素のひとつに、「人の気配・気・念」といった要素があります。 実際には、人に限らず全ての生命体(動物たちなど)が対象となるのですが、一般的な生活環境 においては、”人の気”が対象となっています。

□sponsord.link

■寝室の”扉”から侵入してくる”人の気配・気・念”を避けるベッド配置!。

日中覚醒時には、ほとんど気にならない要素であっても、睡眠時には、心・身体に影響を 及ぼす要素が多々存在しているものです。そんなひとつの要素が”人の気配・気・念”と いった要素。”人の気配”が伝わるような場所では、睡眠は出来ても、本当の意味で良質な睡眠 (深い睡眠)を得ることが難しいものとなります。

”人の気配・気・念”といった要素は、基本的に「開口部(扉、窓)」から進入してきます。 特に、”扉”から進入してくる気(気配)を直接受けるようなことは、避けておきたいところ。 具体的に言うと、「扉の正面位置に、ベッド(布団)を配置しない」ようにしていただければ と思います。扉の正面以外であれば、”人の気配・気”などは室内に拡散され、間接的な要素となり、ほとんど 気にならないものです。

もちろん本質的には、”人の気配・気”の中には、暖かみのある良質な気(気配)も存在 しており、それらは良き影響を与える要素となるわけですが、良質な気と邪気とを選別する ことは出来ませんので、気の影響を受けにくい位置に、ベッドを配置することが望ましいものと なるのです。

■「子供部屋」における、「ベッドと勉強机」の配置優先度!。

子供部屋は、勉強をする空間であり、遊ぶ空間でもあり、睡眠を得る空間ともなっています。多目的利用の お部屋なんですよね。そんな環境下では、どうしても優先順位を定めた上で家具配置を決めていくことが 望まれます。特に、「ベッド」と「勉強机」の配置を考えるとき。基本的にはどちらも、出入口扉の正面に 配置するのは避けたい要素となります。集中力が阻害されたり、睡眠が阻害されやすい位置となるからなんですね。

ただ、一般的な住宅環境では、ベッドと勉強机の両方を扉正面位置としないことは案外難しかったりするものです。 そんな時に、どちら(ベッドor勉強机)を優先するのかが悩みどころとなるわけですが・・やはり、おすすめしたい のは、「ベッドを扉正面とはしない」ということ。睡眠は、「記憶を定着させる」という働きも有しています。 効果的な勉強(記憶)が出来るようになるためにも、睡眠が重要になることを考えると、安眠が得られる環境作り を優先したいものですよね。

安眠をもたらしてくれる「自分に適したマットレス(敷布団)」の特集はこちら!

■安眠のための「寝室風水」CONTENTS!(関連記事)

■寝具(マットレス・敷布団・枕)情報CONTENTS!(関連記事)

□sponsord.link

SUIMIN「睡眠」CONTENTS!

SUIMIN「睡眠」特集!(TOP)

「睡眠」に関連した、各種知恵・知識情報のご紹介。

特集ページはこちら

睡眠学「睡眠の仕組み情報」!

最新の睡眠学研究による「睡眠の特性」情報の紹介。

特集ページはこちら

睡眠と健康に関する各種情報!

「睡眠と健康」に関連した各種知識・商品情報紹介。

特集ページはこちら

安眠を得るための各種情報!

安眠を得るために効果的な各種情報・商品のご紹介。

特集ページはこちら

「寝具」特集!自分に適した寝具

安眠を得るために大切な「寝具」関連情報のご紹介。

特集ページはこちら

睡眠に関するスピリチュアル情報

睡眠に関連したスピリチュアルな思想・情報の紹介。

特集ページはこちら

当サイト利用上の「個人情報保護」

当サイトを利用する上での「個人情報保護」の記載。

記載ページはこちら

当サイトに関する「お問い合わせ」

当サイトに関するご質問・お問い合わせについて。

特集ページはこちら