ほとんどの都市生活者が悩みを感じたことがあると言われる”睡眠”。

近年日本において、社会環境・生活環境・自然環境など全ての要素に”不安感”が 高まっています。”未来に対する希望”も失われた状態が少なくとも20年以上続いている と言われている中、都市生活者のほとんどが何かしら”睡眠”に関する悩みを 抱えているとも考えられています。

□sponsord.link

”心の課題””精神的ストレス”などが「睡眠」に大きな影響を与えることは、 昔から知られている要素なのですが、”睡眠が乱れる”ことによって、さらに ”心と身体の健康”を脅かされることに繋がり・・それがさらなるストレスを 生む・・そんな悪循環が広がってきているように感じます。今では最も多くの人 が共通して抱えている”悩み”の要素のひとつが「睡眠」となっているのでは ないでしょうか。

そんな状況が進む中、”適切な睡眠”を得れていないことによる、”悩み””疾病” の内容が多様化してきています。

”睡眠不足”といった悩みから、”不眠症””無呼吸症候群”といった睡眠に関する病 ・・さらには、”うつ病”などの精神的な疾患に渡るまで、多種多様な要素が顕在化して きました。ここでは、良質な睡眠が得られていないことによって、どんな形で健康が 蝕まれているのかを知っておくことが大切な要素であると考え、現在多くの方に広まっている 各種「睡眠に関連した疾病など」に関する情報をご紹介したいと思います。概要だけでも、 理解しておくことで、早期に自分自身が抱えている”睡眠の課題”を自覚・改善するための 対処に繋がるものと思います。
ニキビ跡を治す。スキンケア


”睡眠不足”の影響と現代多くの方が悩まされている代表的な睡眠疾患!!


”睡眠不足”の影響
単なる”睡眠不足”と侮ってはいけません。近年発生した大きな事故などは、従事する人の 「睡眠不足」が要因となっていたといわれるものも多々存在しているのです。近年、睡眠に 関する研究が進む中で、”睡眠不足”による具体的な影響が明らかとなってきました。

>>> ”睡眠不足”の影響

”不眠症”に関する概要!!
”不眠症”は、睡眠に関する疾患の中で最も体表的な要素です。同じ”不眠症”の 中にも複数の種類が存在。ぜひ、概要を把握しておいていただければと思います。

>>> 不眠症

”過眠症”に関する概要!!
”過眠症”に関しては、明らかな疾病であるにも関わらず、単に「怠けている」など といった”見方”によって、疾病が他人に理解されない・・そんな苦しみを 感じることもあるだけでなく、自分自身でも、案外疾病であることに気がつかないことも。

>>> 過眠症

”概日リズム睡眠障害”に関する概要!!
”概日リズム睡眠障害”とは、「体内時計」が乱れることによって、起きる病です。 日々の生活習慣と大きな関連性があるの要素です。

>>> 概日リズム睡眠障害

”睡眠時無呼吸症候群”に関する概要!!
近年、睡眠に関する病として、多く取り上げられるようになってきたのが ”睡眠時無呼吸症候群” です。多くの人が一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか。

>>> 睡眠時無呼吸症候群

”むずむず脚症候群”に関する概要!!
まだ聞きなれない病名かもしれませんが、潜在的に多くの人が悩まされている可能性が ある睡眠時の病です。その実体を認識することで、病の存在にはじめて気がつく可能性 もありそうです。

>>> むずむず脚症候群

”周期性四肢運動障害”に関する概要!!
”周期性四肢運動障害”とは、睡眠時の手足が「痙攣」などを起こす病です。こちらも、 病とは気がつかずに放置している人も多いのかもしれません。内容を理解しておくことが 早期対策に繋がることに。

>>> 周期性四肢運動障害

”レム睡眠行動障害”に関する概要!!
”レム睡眠行動障害”とは、「レム睡眠時に大声で叫んだり、行動を起こしてしまう」病です。何故そのような 行動が行われてしまうのか・・。仕組みを理解しておくことで、本人だけでなく、周りの人 の対応方法にも繋がります。”夢遊病”と呼ばれている症状とは、異なりますので誤解の無いように。

>>> レム睡眠行動障害

”肌トラブル(ニキビ)”対策!!
良質な睡眠が得られていないことを示す指標ともなるのが”肌トラブル(ニキビ)” です。ニキビの発症が「睡眠不良」を表してくれている可能性もあるもの。 そんな”ニキビの対処”に関する情報です。

>>> ”肌トラブル(ニキビ)”対策

□sponsord.link

睡眠


睡眠と健康

Sponsord.link

睡眠に関して、医療機関への診察を受けるタイミング!

睡眠障害

”睡眠”に関する疾病は、あくまで睡眠時に起きる出来事であり、自分自身でも その存在を自覚することがなかなか難しかったりするものです。それゆえに、 実際に医療機関などを活用することも少ないのが、”睡眠に関する疾病・障害”の 特徴ともなります。

ただ、疾病であった場合は、そのまま放置しておくことで、さらに悪化(うつ病など に繋がることも)する可能性もあるもの。明確な自覚症状はなくとも、「診察を受ける」 ことは念頭にしておきたい要素です。 そんなひとつの目安となるのが、 「一ヶ月間以上、睡眠に関する悩みを感じている」とき に、一度は専門医療機関で診察を受けるということ。自分だけでなく、家族中にそんな 状況が続く人がいたときには、診察をすすめてみましょう。